Author Archives: seo

インターネット広告を利用しよう

雑誌やテレビに広告が流れているのをよく見るでしょうが、インターネット上にもいたるところに広告が存在します。よく使う検索エンジンの検索結果にも実はインターネット広告が表示されていることがほとんどなのです。

インターネット広告の種類には、バナー広告やリスティング広告などがあり、目的や方法によって使われる広告は異なってきます。最適な広告形態を選ぶには、ターゲットをしっかり絞ることが大切になるでしょう。

SEOを開始する時期

ホームページ制作が終了して公開し、誰でも見られる状態になった時からSEO対策を開始しようと考える人もいる様ですね。

しかし、もっと本格的にSEO対策を行っていきたいと考えているのであれば、更に早い時期から対策に取り組んでいきたいですね。

制作の作業の中にSEO対策を盛り込む事が多い様ですので、制作の作業に取り掛かるまでに対策の事は考え始めた方がいいでしょう。

後で修正する作業が別途必要になるというのは面倒ですね。

できれば早くから対策をしておく事でSEO対策のためのメンテナンスの手間を省く事ができるでしょう。また、対策をしてもすぐに順位が上がる分けではないという事も頭に入れておきたいですね。

SEOの定期的なメンテナンスとホームページ制作

ホームページ制作やSEO対策において、これだけできれば後は何もしなくていい、という事はありません。定期的にメンテナンスが必要になってきます。

ホームページ制作を行って更新をしないと、時間が経つにつれて古い情報ばかりになってしまいます。見ているユーザーも飽きてしまいます。

そして、SEO対策も行わなくなると、周りのライバル達がしっかりと対策を行っているので、一時的に上位になれても、だんだん追い抜かれてしまい上位を保つ事ができなくなってしまいます。

また、これまでに行ってきたSEO対策の中で、アルゴリズムが変更になる事によってフィルターにかかり、突然大きく順位を落としてしまうという事も考えられます。

広告の種類とインターネット広告

広告の種類や使われ方は様々です。

特にインターネットが発展してからは、インターネット広告も増え、より多くの人に見せようと、あらゆる場所を利用した広告展開を多くの企業が取り入れています。

その影響があってか、すき間があれば広告を出すという斬新なアイディアが生まれ、缶やペットボトルのラベル部分、買い物袋の一部分、レジの待ち時間を利用した広告など、今まで思いもよらない場所で広告が出されるようになりました。

もしかしたら、ちょっとしたアイディアで、効果的且つ広告展開を発見できるかも知れません。

SEOまたはSEMを外注で行う

自社内で行うか、もしくか外注にてSEOまたはSEMを行うかという事を決定しないといけませんね。

SEOやSEMを行う際には、どちらにも会社にとって嬉しい点と、そうではない点とがあると思います。

SEOやSEMを社内で行うと、やり取りが楽で、外注の費用もかかりませんが、SEOやSEMができるスキルのある人材が求められる事でしょう。

そして、SEOまたはSEMを外注するのであれば、人材やノウハウがなくても大丈夫ですが、その分費用がかかります。社内で対応するか、外注するかという事は、どちらの方が自社にとって大きなメリットをもたらすかという事を考えながら判断するのもいいかと思います。

最新ではないSeoを行ったとしたら

効果が得られると思ってSeoをしても、実際には結果にどの程度の影響を及ぼすのかと言う事は難しい事もあると思います。対策の内容が最新ではない場合には、努力してSeoをしても効果が得られないばかりか、逆効果になってしまう事もあります。Seoにおいて最新であるか最新でないかという事は、欠かせないほど重要ですね。

最新ではないSeoを行っていると、フィルターにかかる可能性もありますので、そうなれば順位が大幅にダウンする事もあるでしょう。最新のSeo対策を行うために、時間や手間を費やす事ができないと判断した場合には、やはりこのサービスを代行してくれる会社を見つけてお願いした方が早いかもしれませんね。

広がりを見せるインターネット広告

新聞や雑誌に広告を出したり、テレビに広告を出すというのは以前からずっとある広告媒体です。しかし、ここ何年かはインターネット広告も決して無視する事はできません。インターネット広告を見た人は、そのまま商品の購入にたどり着く事もできるというのが、他の媒体とは異なる点かと思います。お店に買いに行ったりする必要はありません。

インターネット広告の市場はますます大きくなっている傾向にあります。将来の事について考えた際にも、インターネット広告は増え続けるのではないかと思います。インターネット広告は、パソコンを使う人だけではなく、タブレットやスマホのユーザーに対してもアピールする事ができます。